映像制作の求人に応募する前に

by author



映像制作に興味を持ち、未経験からディレクターやプロデューサーを目指すなら、求人に応募する前に知っておいた方がよい知識があります。


それは、映像業界の現状です。



仕事に就く上で楽な事ばかりではないと思います。

しかし、どの程度の事が末弟のかを知る事は、決して悪い事ではありません。

特に、未経験から始めるなら尚更です。
最初に入社した会社で負のイメージを持ってしまうと、その後の社会生活に影響をきたします。

納得のlivedoorニュースの有益な情報のご紹介です。

この事から、事前に映像業界の実情を調査しておいた方がよいでしょう。映像制作とひとくちにいっても、そのジャンルは様々です。

しかし、どの仕事もお客様がいて仕事が成り立つので、制作には納期があります。



納期に間に合わない時には、残業もあると考えた方がよいでしょう。特に、テレビ番組な映像制作求人は、この傾向が強いでしょう。

次に、アニメなどの映像を制作する会社も同じ様な事が言えます。
さて、収入面ではどうでしょうか。

求人情報を見る限りでは、高収入のイメージはありません。実際、その通りで、映像業界の平均年収は、300万円から400万円ほどです。

会社に入れば偉くなるほど収入は、上がっていきますが、制作の現場からは遠ざかって、マネジメントが主な仕事となるでしょう。

クリエイティブな仕事がしたくて入社したのに収入をあげるにはマネジメントにつかなければならいのが実情です。

このため、多くの方は、一定のキャリアを積むとフリーランスとなるのが実情です。